ブルネッロ·ディ·モンタルチーノ

  • 生産地と醸造

ブルネッロ·ディ·モンタルチーノとは、モンタルチーノという自治体の土壌に植樹されるサンジョベーゼのブドウ種「ブルネッロ」から生産されている赤ワインです。

生産地はトスカーナ州シエナ県にあるモンタルチーノの基礎自治体です。

このワインの主な特徴としては、熟成能力が高く、食味が改良·洗練されていることです。

ブルネッロ·ディ·モンタルチーノは、オーク樽で二年以上熟成させ、その後瓶で三年以上を熟成させてから販売されています。

ブドウを栽培する土壌組成は多様でおり、粘土質の地域もあれば、堆積土の地域もあります。

  • 歴史的背景

ブルネッロ·ディ·モンタルチーノは19世紀に誕生しました。伝統的にモンタルチーノで栽培されていたブドウの木を使って赤ワインを生産する実験を始めたある農家に初めて生産されました。

19世紀半ばに「ブルネッロ」と呼ばれていたブドウの木が、サンジョヴェーゼの品種として同定されました。

長期熟成のワイン、つまり、酸味とバランスのとれたタンニンにより美食家好みの素晴らしい赤ワインを造ることができる高品質のブドウです。

  • 官能特性

主な特徴は、オーク樽での熟成により熟成香

風味:辛口で温かく、ややタンニンがあり、しっかりとしていて調和のとれた味。

:濃厚なルビーレッド色。

香り:オーク樽熟成の特徴的な深い香り。

(注意点:ブルネッロ·ディ·モンタルチーノはキャンティというワインと同様に同じ種類のブドウで生産されていますが、異なる特徴を持っていることに注意。)

  • ペアリング(組み合わせ)

ブルネッロ·ディ·モンタルチーノは、あらゆる肉料理やジビエ料理によく合います。熟成したチーズとの組み合わせも興味深いとされています。

エレガントでアロマティックな香りの複雑さがあるワインなので、瞑想用、つまりそのまま飲んで楽むとしてもお勧めです。