キャンティ·クラッシコ

  • 生産地

トスカーナ州のシエナ県にサンジョヴェーゼのブドウ種(少なくとも80%、残りは他の赤ブドウ)から生産されている赤ワインです。

生産地はカステッリーナ、ラド、ガイオーレが含まれています。

キャンティ地区のシンボルは黒い雄鶏です。

ブドウを栽培する土壌組成は標高200mの丘陵地にあり、主に粘土質です。

  • 歴史的背景

この地域はローマ時代にはすでに栽培に適していましたが、14世紀には、ガイオーレ·カステッリーナ·ラッダの3つの地域を統合し、それぞれのワイン生産を規制し、管理するためにキャンティ連盟が結成されました。

キャンティ連盟のシンボルマークは黒い雄鶏で、現在ではすべてのボトルのラベルに描かれています。

  • 官能特性

:清冽で濃厚なルビーレッド色。

香り:赤い果実·花の香り。

風味:辛口(低糖度)、優れた酸味(熟成可能)、タンニンは柔らかく熟しています。

キャンティが生産されているサンジョヴェーゼのブドウはイタリアで最も栽培されているブドウ品種ですが、栽培地によって味が大きく異なります。トスカーナ州の栽培地にはサンジョヴェーゼのブドウがその最高の特性を得ることが出来ます。

サンジョヴェーゼは強い酸味があるため、非常に辛い料理との組み合わせにも耐えられ、優れた長寿を与えられます。

  • ペアリング(組み合わせ)

どんな赤身肉やトスカーナのコールドカット(例えば、サラミ)にもよく合います。

その香りと酸味のおかげで、イタリア料理以外にエキゾチックでスパイシーな料理と組み合わせることもできます。

おすすめキャンティワイン

Castellare Wine

Fontodi Chianti